So-net無料ブログ作成
検索選択

借長ぐつ無料 [旅]

旅は最終日の3日目になりました、道の駅あまるべを後に次の目的地へ




s-DSC02526.jpg
2人乗りリフト
歩いて行ったら大変な時間と労力が必要です、この日の最高気温は37℃です。




s-DSC02541 (1).jpg
鳥取砂丘
はじめて訪れた鳥取砂丘、日本海が一望できる景勝地。
太陽の日差しが雲に遮られところどころ綺麗なコントラストとなっています。しかし砂漠のような暑さです。




s-DSC02538.jpg
借長ぐつ
連れ合いの足元を撮影してみました、長ぐつの下から砂の熱さが伝わってきています、砂丘の表面温度はかなりのものです。
ちなみにこの借長ぐつは無料なんですがぁ、靴を入れるロッカーが100円です、無料の借長ぐつとありますが100円で借りることになります。




s-DSC02553.jpg
天守閣へ向かってひたすら歩いています
鳥取砂丘を後に今回の旅行での最終目的地姫路城へ。




s-DSC02557.jpg
にの門




s-DSC02561.jpg
水一門




s-DSC02564.jpg
見えてきました




s-DSC02580.jpg
姫路城 
まさに白鷺城です、大改築の後ですので白壁は今まで以上に白くなったいました。




s-DSC02581.jpg
真下からの撮影
広角ぎりぎりでも全体が入りません、大きなお城です流石「姫路城」といった感じです。





s-DSC02576.jpg
天守閣からの眺望

37℃はさすがにきつい、城内を歩くだけでも汗だくでした、汗を拭き拭き天守閣での風が気持ち良かったこと。
姫路城は時間帯によっては入場制限があります、ピークの時間帯は1時間ほど待たされるそうです、比較的空いているのが16時頃です。

これで旅は終了となります。
台風接近との情報で心配しておりましたが、雨にも降られずに名所巡りができホッとしています。

この後、大阪伊丹空港から羽田へ向かい高速バスにて無事帰還となりました。


共通テーマ:日記・雑感

又のぞき [旅]

旅は3日目となっています。




s-DSC02473.jpg
朝の城崎温泉駅前
カラフルに置かれているのは下駄です、温泉地らしく風情たっぷりでした。



s-DSC02483.jpg
さとの湯
駅を出てすぐ横にあります、こちらへのお客さんは列車で来る方がほとんどで、列車の発車時刻の後は比較的空いているそうです。そしてこの「さとの湯」さんも城崎温泉へ宿泊の方は無料で入れます、3階には露天風呂も。




s-DSC02476.jpg
飲泉所
さとの湯さんの前にはいつでも飲める飲泉所があります。




s-DSC02498.jpg
リフト
朝の散歩が済んでから美味しい朝食をいただき本日も宿を7:40分に出発です。

向かった先のリフト、こちらに乗って目的地を目指しました。




s-DSC02509 (1).jpg
天橋立
日本三景の一つに数えられている天橋立。天気にも恵まれてよかったです。ここから「股のぞき」した時の眺めは、天橋立が天に舞う龍のように見えることから「飛龍観」と呼ばれています。

実際にやってみましたところ・・・!?。でした。




s-DSC02518.jpg
余部鉄橋
天橋立を後にして「道の駅あまるべ」に立ち寄りました。

余部鉄橋データ
昭和61年には回送列車が余部鉄橋を走行中、最大風速約33m/sの突風にあおられて客車7両が約41m下に転落し、水産加工場と民家を直撃した事故により、水産加工場で働く地元の女性従業員5名と車掌1名の尊い生命が奪わ れ、6名が重傷を負っています。
現在「道の駅あまるべ」の敷地内には、犠牲者の慰霊と、事故が二度と起こることのないようにと願 いを込め、聖観世音菩薩が安置されています。




s-DSC02522.jpg
赤い鉄骨が旧余部鉄橋の桁。現在もこうして残されています。




s-DSC02525.jpg
角度を変えて
なだらかなカーブになっている新余部鉄橋。


旅はこの後ももう少し続きます。


共通テーマ:日記・雑感

温泉街を浴衣で散策 [旅]

2日目の旅は松江を後にして宿泊先の城崎温泉へ。




s-DSC02424 (1).jpg
4階の部屋に案内されました。
驚いたのが窓からの景色です、まるで額縁で切り取ったようにも見えます。田園風景と円山川が一望。





s-DSC02426 (1).jpg
窓からの景色です





s-DSC02438.jpg
城崎温泉
夕飯を頂いた後は浴衣で温泉街の散策と7つの外湯へ入ることになりました。7つの湯全てに入ると生涯苦難を免れ福を受けると言われているそうです。
城崎温泉の宿に宿泊の人は7つの湯を無料にて入ることができます、宿にはバーコード付きの首下げ式の名札が用意されていて外湯に入る際そのバーコードを読み取り機にかざします。




s-DSC02439.jpg
そしてこの日は城崎温泉のお祭りの日
川を挟んで両側に夜店が勢ぞろいしておりました。夜店の周りは宿泊客と地元の方でかなりの賑わいです。




s-DSC02457.jpg
花火
この日は運よく花火大会も催されていました、花火は宿に戻り部屋から眺めることができ贅沢な瞬間を味わってきました。お宿の直ぐ前の円山川の川岸から打ち上げています。




s-DSC02462.jpg
20分間続きました。
決して大きな花火ではありませんが情緒溢れた城崎温泉にはこの花火の大きさがぴったりでした。




s-DSC02471.jpg
3日目朝
昨晩賑わっていた温泉街も御覧のようです、いつもの静けさを取り戻していました。早起きをして散歩です。




s-DSC02475.jpg
JR城崎温泉駅
思った以上に大きな駅です




s-DSC02480.jpg
電光掲示板
駅舎内に入ることができました。
左側には浜坂・鳥取方面、右側には豊岡・和田山・京都・大阪方面の案内板です。




s-DSC02482.jpg
駅舎の天井
綺麗な天井で新しい駅舎です。

この続きは明日へ





共通テーマ:日記・雑感

松江へ [旅]

旅は2日目に入りまして出雲大社を後に松江へと続きます。




s-DSC02368.jpg
松江城(国宝)
出雲大社から60分で松江に到着です、松江では散策途中に国宝でもある松江城に寄ることに。城内見学には入場料を収めて天守閣を目指しました。松江城は平山城で、天守がある本丸周辺には二之丸、南には塀を挟んで三之丸があります。

松江城データ
慶長16年(1611年)に堀尾忠晴が築城
複合式望楼型 四重五階天守、地下一階付
高さ約30m(天守高22.43m+石垣高平均値7.57m)




s-DSC02377.jpg
風通しのいい窓




s-DSC02374.jpg
しゃちほこ(城内展示)




s-DSC02388.jpg
天守閣からの眺望
この日の気温は36℃です、天守閣へ登るだけでも汗だくです。宍道湖からの風が気持ち良かったです。




s-DSC02394.jpg
消火栓
松江城を後に散策が続きました、カラフルな消火栓が目に入りパシャリ。




s-DSC02403.jpg
小泉八雲記念館前のバス停
情緒たっぷりな街並みにすっかり溶け込んだレトロなバス停。




s-DSC02406.jpg
出雲そば
お昼はお蕎麦にしました、出雲そばです。この辺ではうどん屋は少なくほとんどが蕎麦屋さんになるそうです、出雲そばと云ったら「十割蕎麦」です。
美味しかったぁ~。




s-DSC02407.jpg
錦鯉
お蕎麦を頂いてお店を出ると綺麗な川が流れています、そこに御覧のような錦鯉が泳いでいました。川が澄んでいると錦鯉の赤色などもとっても鮮やかに見えます。

この後は明日へと続きます。



共通テーマ:日記・雑感

出雲へ [旅]

旅行も2日目に突入です。




s-DSC02326.jpg
宿泊先からの朝の大山(だいせん)、雲がかかっていました。
大山ロイヤルホテルの出発は7:40分、スタートが早いです。




s-DSC02330.jpg
さざれ石
君が代の由来、「君が代は千代に八千代にさざれ石の巌となりて・・・」石灰質角礫岩で長い年月の間に溶解した石灰岩が多くの小石を集結して次第に大きく成長したものでまことにめでたい石とされています。




s-DSC02334.jpg
出雲大社
さざれ石のあった場所は出雲大社です、初めて参拝することとなりました。専門ガイドの案内でまずは手水舎で神前に進む前に両手と口を清めました。
正面の大注連縄は長さ約13m、重さ約4.5屯に及びます。この大注連縄は数年に一度、新しい注連縄へと懸け替えられます。




s-DSC02355.jpg
アップにて
近くで見るともの凄い迫力です。




s-DSC02358.jpg
今回は祈祷を受けることになりました。
巫女の舞及び祈祷、お神酒と肌守り授与となりました。




s-DSC02352.jpg
神光満殿
入り口の大きな扁額

初めての出雲大社参拝でした、祈祷が印象的でとてもご利益を受けた気持ちになりました。ノースリーブ・着帽・サングラスなどでの参拝はしないようにとガイドさんからアドバイス。
出雲大社の参拝方法は(2拝4拍手1拝)です。

この続きは明日。


そして本日は人間ドックへ
今回のドックは今までの病院から変更し地元の病院での受診となりました、感想としては長い間お世話になっていた病院には無いものを感じてきました。一通りの検査が終わってからの総合診察の時です、検査項目のデータを基にじっくり時間を掛けた親切丁寧な説明には本当に驚きました、患者の気持ちを考えての親切診察といったところでしょうか。

人間ドックに対して、病院側の姿勢もまちまちであることを改めて感じた日となりました。



共通テーマ:日記・雑感

無事帰還しました [旅]

旅行へ行ってきました。
2泊3日の旅で、本日の0時30分に無事帰還となりました。少しずつご紹介したいと思っています。

初日8月3日
s-DSC02246.jpg
羽田空港
日本航空113便10:30分発大阪伊丹空港行




s-DSC02265.jpg
間もなく伊丹空港到着となります
この時間での羽田~伊丹間は45分程で着きます、飛行機は時間帯によって同じコースでもフライト時間が大分異なります。




s-DSC02268.jpg
足立美術館
島根県安来市古川町に位置します。
創設者は足立全康氏




s-DSC02283 (1).jpg
足立美術館の庭園
桂離宮の松琴亭を模して造られています、茶室寿立庵の庭など庭づくりに心血を注ぎこのような立派な庭園を築き上げたようです。◆50,000坪からなる6つの庭園は四季折々に美しい表情を見せます◆
アメリカの「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」は足立美術館の庭を2003年より連続して日本一に認定しています。




s-DSC02300 (1).jpg
パノラマで見てください (枯山水庭)
コンデジRX-100で撮影しました、一眼レフのようにはいきませんが旅行時にはコンパクトで助かります。

足立美術館内は近代日本画壇で活躍した巨匠たちの作品を数多くコレクションしています、勿論撮影禁止となっています、横山大観・竹内栖鳳・榊原紫峰・橋本関雪・川合玉堂・川端龍子・上松松園など。他には北大路魯山人の書や陶芸作品なども楽しめました。

初日の目玉である足立美術館を後にしてこの日のお宿大山ロイヤルホテルまで直行となりました。


共通テーマ:日記・雑感

千手ヶ浜 [旅]

日光へ日帰りの旅の続きです。




s-DSC01982.jpg
大僧正春海慶中大和尚顕彰碑
三佛堂横の「心字碑」 輪王寺横
豊道春海揮毫による「心」字




s-DSC01983.jpg
「心」字を揮毫した豊道春海は日中友好に貢献し、郭沫若氏とも親交があり郭沫若氏の祝辞のこの碑は、豊道春海没後昭和54年(1979)年創建されています。




s-DSC02035.jpg
東照宮を後にして
中禅寺湖クルージングでこの日のもう一つの目玉である千手ヶ浜まで。

けごん号
定員 500 人 座席数客室 288 席で6月と云ったらクリンソウ、超満員のけごん号でした。
東武興業株式会社が経営しています。この時季と紅葉の季節には大勢の観光客が利用する遊覧船、今回初めて乗船してみました。




s-DSC02010.jpg
クリンソウ
最近は鹿の被害に悩まされていると聞きました、クリンソウ群落の周りには鹿避け用のネットが周り一面施されていました。




s-DSC02026.jpg
色々なところでクリンソウは拝見していますが、ここ千手ヶ浜のクリンソウは周りの景観との調和が素晴らしく
一段と綺麗にも見えました。

6月いっぱいは楽しめそうです。





共通テーマ:日記・雑感

4年ぶりの公開 [旅]

昨日は日帰りにて栃木県まで出かけてきました、目的は日光東照宮の「陽明門」です。4年ぶりの公開を楽しみにしていました、丁度公民館での教室もoffの日でしたので朝早くの出発で出かけてきました。




s-DSC01926.jpg
9時半だというのに既に見物客で賑わっています。

これからの写真はRX-100での撮影です、連れ合いと出かけるときには三脚などは持っていきません、手軽なコンデジに頼ります。




s-DSC01943.jpg
神厩舎(三猿)
こちらも綺麗に修復されています、以前見たときより手の色が真っ黒の印象です。




s-DSC01952 (1).jpg
陽明門
鮮やかに綺麗になったという表現がぴったりかもしれません

社殿に平和を表す動物が多く浮き彫りされていたのを改めて感じます。




s-DSC01954.jpg
少しアップにて




s-DSC01960.jpg
もう少しアップです




s-DSC01974.jpg
眠り猫
左甚五郎が製作したと言われている有名な猫ちゃんです。以前拝見した時にはホコリを被っていて煤ぼけた感じが余計に趣を感じましたが、現在は綺麗な色で鮮やかです。

徳川江戸幕府の安泰を願った家康、日光東照宮は江戸の真北にあり天帝となった家康が北から江戸を見守る社殿として桃山様式に倣って作ったといわれています。(観光ガイドから)




共通テーマ:日記・雑感

めったに出会えない [旅]

31日~元日にかけて恒例の一泊旅行へ出かけていました。
今回も横浜(弟家族)から可愛い子供たちも一緒です。







s-DSC00808 1.jpg
元日の朝 
宿泊したホテルの清算を済ませ外へ、壁に下がったつららと雪に大喜びのアーちゃんです。
横浜に住んでいますのでここまでの雪はなかなか見ることができません。




s-DSC00811.jpg
道の駅 田園プラザかわば
帰りがけに沼田インターを降りて田園プラザかわばへ。
穏やかなお元日となり綺麗な空を見ることができました。

https://www.denenplaza.co.jp/




s-DSC00810 (1).jpg

アーちゃんとヒナちゃんです。
田園プラザかわば内にあるマス池を真剣な眼差しで覗き込んでいるところです。穏やかな日とはいえ気温が低いので池には薄い氷も張っていました。




s-DSC00817 (1).jpg
特別天然記念物
ニホンカモシカです。今年はお元日から天然記念物のニホンカモシカに出会えるなんて良い年になるのではと・・・。
餌を求めて山から下りて来たのかと思いますが、本当にすぐ近くで見ることができました。勿論野生のカモシカですので警戒心が強くすぐに去って行きましたが、こちらにお尻を向けて行く際に、後ろ足の太もも部分の筋肉が凄かったこと、過酷な自然界で生き伸びる為の生命力をあの後ろ足から感じました。


楽しかった家族旅行、笑いっぱなし二日間でした。




共通テーマ:日記・雑感

旅行記Ⅱ [旅]

旅行二日目は黒部峡谷へ
心配していた天気でしたが予報どおり雨のスタートとなりました。





s-DSC00371 (1).jpg

山彦橋&新山彦橋
トロッコ列車に乗る前に、先行列車を撮影することが出来ました。
手前の橋が山彦橋、以前はこの橋を通り黒薙方面に向かっていたそうです、現在は右奥の新山彦橋を使用している。

新山彦橋を先行のトロッコ列車が通過しています。







s-DSC00378.jpg

乗車する列車
今回は屋根付きのリラックス車両にしました、横殴りの雨が降っていましたので風通しの良いトロッコ列車だとびしょ濡れになってしまいます。

発車前の宇奈月駅。






s-DSC00393 (1).jpg

宇奈月ダム
撮影する時だけ窓を開けて撮りました、雨模様が幸いして棚引いた雲が幻想的な雰囲気を演出してくれています。こういった雲は晴れていては見ることはできません。






s-DSC00434 (1).jpg

黒部川
ここも雲がいい感じで神秘的でした。


欅平で1時間ほど散策をした後はUターンで再びトロッコ列車で宇奈月駅まで目指しました。
11月いっぱいにてトロッコ列車の営業は終了します、ここ黒部峡谷では長い長い冬を迎えます。








s-DSC00447.jpg

白エビかき揚げ丼
宇奈月駅前にて遅い昼食、白エビが有名とあってか何処へ行っても白エビを使った料理を食べられます、みそ汁と一点盛が3種類ほどついた美味しいお昼となりました。友人3人と出かけた旅行、どこへ行ってもお酒は絶えませんここでもビールと冷酒をいただきました。









s-DSC00450.jpg
帰路に向かう列車(特急列車)








s-DSC00451.jpg
切符&特急券
荻生までとありますが降りるのは新黒部駅まで(同料金)です、特急券がなんと110円です。

2日目は雨でのスタートとなりましたが、雨模様ならではの景色も撮影できました、そして地元の美味しい料理もいっぱいいただいてきました。

楽しい仲間との楽しい旅行から

[カメラ] RX-100







共通テーマ:日記・雑感