So-net無料ブログ作成
書道あれこれ ブログトップ
前の10件 | -

下見会 [書道あれこれ]

本日は第2回墨盒書道展の1回目の下見会が実施されました。




s-DSC03217 (1).jpg
下見会の様子
約20名の参加を得ました




s-DSC03223.jpg
中島芳泉先生
寸評中

作品などの掲載の承諾を得ておりませんので、写真は小さく載せています。




s-DSC03215.jpg
福島雙葉先生
お二人の先生に今回はお世話になりました、親切丁寧に寸評を頂いているところです。

お忙しい中にも関わらず中島芳泉先生・福島雙葉先生にはご指導を賜り大変ありがとうございました。


現代の名工 [書道あれこれ]

きょうは硯のお話です




s-KIMG2493.jpg
雨畑真石硯
小型で持ち運べる硯が前々から欲しかったのですが、ようやく手に入りました。




s-KIMG2494.jpg
角度を変えて
9.3×1.8  墨堂(5.5)の小型硯




s-KIMG2495.jpg
裏面
雨畑真石 峯硯刻の文字が

原石は「雨畑真石」と呼ばれる黒色粘板岩で、きめ細やかで適度な硬さが特徴です。
雨宮峯硯作




s-KIMG2496.jpg
峯硯の署名
2009年に「現代の名工」に認定、 峯硯堂本舗代表。

和墨(古梅園製、紅花墨)を磨墨してみたところ、墨堂に吸い付くような感じで墨が下ります。

う~ん、雨畑真石なかなかいいぞぉ・・・。





釜中生塵 [書道あれこれ]

過日の希夷斎の奇異祭展にて購入してきた印を紹介します。




s-KIMG2501.jpg
側款
寒山清貧釜中生塵 丁酉希君




s-KIMG2504.jpg
印面




s-KIMG2499 (2).jpg
印影
釜中生塵(ふちゅうちりをしょうず)
貧しくて飯を炊かないので釜の中に塵が生じた

印文・刻風ともに気に入っています。

多胡碑記の碑 [書道あれこれ]

s-img20171114_16522626.jpg

多胡碑記全景




s-img20171114_16535997.jpg
碑額
篆額は元老院議官であった男爵「細川潤次郎」の筆による
何度見ても素晴らしい篆額、清代の楊沂孫の龐公傅(ほうこうでん)を思わせるような篆書である。

細川潤次郎(1834~1923)
楊沂孫  (1813~1881)


多胡碑記念館を参観した際に撮影した写真から


未仕上げ墨 [書道あれこれ]

本日の午前中は公民館でした、お休みする人はいません、皆さん展示会に向けての作品揮毫及び臨書に精を出されておりました。




s-KIMG2253.jpg
古梅園元彙製
古くから人気の墨です、古梅園の自家製菜種採煙による油煙墨になります、七世和泉橡元彙の創作以来230年の永きにわたり今日に至るまで、書道関係者に愛用されている名墨の1つです。




s-KIMG2255.jpg
紅花墨
製造工程にて自然乾燥を終わった墨は表面に附着している灰やその他のものを1丁づつ水で洗いおとします。
水洗いした後上薬を塗布して炭火で焙り表面を柔らかくして蛤の貝殻で良く磨きます。

唐墨にはあまり見られない表面の艶は、手間をかけて磨くことにあるようです。

端渓硯で磨墨してみました、唐墨より柔らかく手に伝わる感触が全然違います。磨墨の際の音は静かですぐに下ります。
濃い墨なのに線の引っ張りが効き、扱いやすくなかなかいいです。




s-KIMG2259.jpg
本体価格
ですが未仕上げ墨になります、10,000円の消費税で購入しています。
いわゆるB級品(アウトレット)価格です、う~ん曲がってもいないしどこが未仕上げなのか皆目見当が・・・?。


捗ります [書道あれこれ]

天気予報がすっかりあたってしまいました、朝から本降りの雨です。
こんな日は硯を湿らすことにしています、半日ほど机に向かっていました。




s-KIMG2163.jpg




s-KIMG2162.jpg




s-KIMG2164.jpg




s-DSC03018.jpg
雨降りの日はしっとりとした書き味がいいですね。
拙作ですが部分のみ紹介させていただきました。

明日も引き続き雨模様とのこと、ウォーキングはまた無理かな?

印泥 [書道あれこれ]

本日は午前中に公民館のサークル教室がありましたので、散歩は午後からにしようと思っていました。

午後は午後で新たにPCでの事務仕事が舞い込んできて、結局きょうのウォーキングはお休みです、習慣になっていることを休むというのはちと残念な気持ちです。




印泥について少しだけ
s-KIMG2041.jpg
豆廬印泥
韓天衡氏監修




s-KIMG2042.jpg
中身
大分お世話になっています、良質の印泥に最初に出会えたのがこの豆盧印泥でした。




s-KIMG2043.jpg
茗屋印泥
陳茗屋氏監修




s-KIMG2044.jpg
中身
豆盧印泥とよく似ていますが、幾分こちらの方が柔らかい感じで夏場の使用時は少し気を遣います。




s-KIMG2040.jpg
無名印泥
王丹氏自家製による印泥。
頂いた印泥なのに最近ではもっぱらこちらに世話になりっぱなしです、高価だった豆盧印泥より気に入っています。自作でここまでの印泥を作り上げた王丹氏には本当に驚かされます。
御覧のように使い込んでいますので残りわずかです、大切に使いたいと思っています。




良い子していました [書道あれこれ]

今朝もいつものように1時間のウォーキングに出かけて来ました。最近公園内では彼岸花を見ることができます、少しずつ秋の気配が感じられます。




s-KIMG2023.jpg
こんなのを書いていました。
文化芸術祭に出陳予定のものです(部分)。

あれ、21時を過ぎています、そろそろ硯を洗うとすっか。
明日は小作品(はがき大)の構想を練ることにします。


夏休みに [書道あれこれ]

本日も蒸し暑い日となりました、7時半にはいつもの公園までウォーキングへ出かけましたが、湿度が高くて汗が止まりません。朝から良い汗を掻きました。

夕方5時半頃の中強度歩行計から
歩数9736歩 中強度運動54分 歩行㌔7.3㎞ 
消費カロリー324cal  総消費1,737kcalです。




午後からは公民館の書道教室でした。
s-KIMG1796.jpg
こんなのを書いてみました。
8っ切サイズです、公民館の展示会用の大きさになります。今回も全員こちらのサイズで統一いたしました。

みなさんの前で楷書・行書を書いてみました、拙い手本となりましたが参考になればとの思いです。
公民館の書道教室は8月いっぱいは夏休みになります。




書写支援 [書道あれこれ]

本日は以前から依頼されていた書写支援に某小学校まで出かけて来ました。

受け持ったのは3年生で今年の4月以降に筆を持ったばかりの生徒さんです。
教室に入ると担任の先生からご紹介を頂きいよいよスタートとなりました。




s-KIMG1631R.jpg
「大」字
きょうはこちらの字を書くことになりました、少し大き目の水黒板が用意されていましたので、太い筆で大きな字で書いてみました、写真の半紙は前もって用意しておいたもので横画・左払い・右払いに分類したものです。





s-KIMG1632R.jpg
筆の向きと筆先がどこを通るかを示してみました

45分間で纏めるのは少し大変だったかなぁと思いました、それでも終了する頃には名前まで書いたものを全員が担任の先生のところまで提出していたようです。

書写支援から

前の10件 | - 書道あれこれ ブログトップ