So-net無料ブログ作成

月日の経つのは・・・ [日常]

台風一過の本日は朝から強い日差しとなり、気温もぐんぐんと上がりました、その分湿度が低いせいか凌ぎやすかった1日でした。






s-DSC09524.jpg
お手本
昼過ぎからは手本書きです、夏休みだった公民館の生徒さん用です、半切1/4の大きさです、発表会が来年早々にあります為今から準備し揮毫しておきました。撰文は生徒さんご自身でやっています、7文字から5文字と色々です。







s-DSC09525.jpg

頂き物
夕方には小学校1年生から酔心庵に通っていた生徒さんが、久々の来宅となりました。現在彼女は2?歳で、働いています、このお煎餅を私が大好きなのを知っていてわざわざ購入してくれました。

で、彼女からのお話はこの度結婚することになり、「結婚式に招待させてください」という内容でした。
小学生の頃からのお付き合いです、正直申しまして愛娘のように可愛いです。

勿論喜んで出席させて頂きます。
[ぴかぴか(新しい)]おめでとうございます[ぴかぴか(新しい)]

今日は嬉しいニュースが舞い込んできたので 
飲んじゃいました[ビール]

[カメラ] RX-100



共通テーマ:日記・雑感

秋期謝恩セール [日常]

きょうの群馬県内は比較的雨風とも少なく台風接近にしては、予想より静かな火曜日となりました。









s-DSC09470.jpg
DM
書道用品専門店から秋期謝恩セールが届きました。最近はまとめて謝恩セールの時に注文を出すようにしています、中国製品の高騰などで用品が高くなっている為です。特に紙・墨・篆刻印材などが目立って高値に。








s-DSC09471 (1).jpg
セールカタログ
今回も謝恩セールの期間内に買い置きをしておきたいと思います、カタログには写真入りで定価と特価額で分かり易く出ています。








s-DSC09473 1.jpg
陶硯
有田焼の製法上磨墨に適した墨堂を再現できるとあります、陶硯は石に比べ鋒鋩が磨滅しにくく、墨汚れも簡単に落ち手入れも非常に楽なようです。
こちらのサイズはかなり小さいです。
11×4,8×1,2㎝ 細字・携帯用かな?

少し興味をそそられている陶硯

[カメラ] RX-100









共通テーマ:日記・雑感

後片づけ [日常]

朝から昨日終了した研修会の整理を行っています。
篆刻は作業を行うのに結構な道具を必要とします、1つ無くても作業は捗りません。
お貸しした篆刻用品は全て何事もなく手元に帰って来ました。





s-DSC09469.jpg
小物はこの箱の中に入れます。
印材朱・二面硯・鏡・印刀・歯ブラシ・棕櫚・印辱・墨・・・その他いろいろ。

きょうは書類の後整理もあり忙しい1日でした。

[カメラ] RX-100







共通テーマ:日記・雑感

瓦泥印を作ろう [書道あれこれ]

本日は藤岡市書道協会の研修会に行って来ました。






s-KIMG0008.jpg
会場準備
「瓦泥印を作ろう」の会場となった藤岡公民館大会議室。
研修会本番前の会場づくり、テーブルを2つ並べて4人掛けの設定です。








s-KIMG0019.jpg
講師 飯島俊城先生
実技が始まる前の解説をしています、この場面は封泥についてのお話です。

飯島先生には約3時間にわたり親切丁寧なご指導を賜り大変ありがとうございました。







s-KIMG0023.jpg
実技風景
総勢で約50名の参加を得ました、みなさん真剣な面持ちで印製作に汗を流しております。中には細かな作業で肩がバリバリ凝っちゃいましたという方もおられました。
試行錯誤を加えながらタイムリミットの4時には作品が仕上がり、再度飯島先生に預けて、今度は共和建材の五十嵐清社長の窯にて焼いていただく事になります。瓦泥印が完成するまでには結構な手間と時間が必要になります。

研修会が終えての皆さんの感想は、「苦しみながらでも印を刻すことが出来貴重な体験をした」と申しておりました。

研修会「瓦泥印を作ろう」を終えて

[カメラ] スマホ





共通テーマ:日記・雑感

稽古日最終日 [書道あれこれ]

本日は酔心庵の8月最終稽古日です





s-DSC09466.jpg
持参してきます
最終日のお稽古は提出作品を酔心庵に預けます。
各自提出するものが決まれば押印をします、押印道具も持参します、印も数種類、印泥も持参してきてご自分で全て最後まで作業を済ませれば、提出となります。

式熊印泥を使われています。







s-DSC09467 (1)1.jpg
作品提出入れ
洗濯ものを入れるプラスチック製の箱に入れます。この提出が終わるとみなさんホッとした顔をしてこの後の話も弾んできます。







s-DSC09465 (1).jpg
午前中に書いていたものです。
こちらも押印を済ませ一緒に提出することになります。

[カメラ] RX-100







共通テーマ:日記・雑感

丁寧な磨きを [日常]

朝から明後日の28日に行う研修会の準備をしています。瓦泥印を製作するにあたり印刀は切れ味の良い方が扱いやすそうである為、砥石にて研磨を掛けました。






s-DSC09440.jpg
印刀
何種類かの印刀ですがいっぺんに磨き入れました。
印刀の角を爪に少し当てると切れ味が分かります、それの繰り返して9本程研いで見ました。








s-DSC09441.jpg
砥石
オイルストーンです、大きさが分かるように鉛筆も並べてみました。オイルストーンにCRC等を付けて磨きます。印刀の研磨には丁度良い大きさです。

これで研修会では切れ味の良い印刀で作業が捗ることでしょう。








s-DSC09442.jpg

梨は幸水~豊水にもうすぐ変わる時期を迎えます、9月初旬になれば店頭に豊水が並ぶようになります。
幸水のあの食感が好きで、先日買い求めたものがまだ冷蔵庫にあるのに、少しですが買ってきました。

かなりのLサイズです、露天の女将さんが云うには「この梨は顔は悪いが味は最高だよ」との事、少しだけ形が歪になっていたりしたもの、贈り物にはちょっと不向きなんでしょう、店頭には並べられない物を廉価で販売していました。
家で食べるのには十分です、なんとこれで1,000円、安いですね。

[カメラ] RX-100



共通テーマ:日記・雑感

見たい個所を明るく大きく [日常]

きょうは拡大鏡についてのお話です
以前からカメラが好きで楽しんでいます、銀塩カメラ時代に人気のあったフィルムがリバーサルフィルムです、撮影したフィルムを業者さんにスリーブ(プロフォト)仕上げしてもらいライトビュアー(下から蛍光管等で台自体を明るくする)を使い写真を確認するのに必ず拡大鏡を使用しました。








s-DSC09431.jpg
拡大鏡(ルーペ)
一番大きいのが買ったばかりのLED式拡大鏡









s-DSC09432.jpg
10倍(20mm)の倍率を持つ拡大鏡
この中で一番コンパクトなサイズになりますが、倍率は10倍とかなり大きく見えます。
1991年の購入しています。定価は1,700円でした。









s-DSC09433.jpg
5倍拡大鏡
こちらはライトビュアーを購入した際についていた付属品です









s-DSC09435.jpg

4倍率拡大鏡
カメラ量販店で買ったものです、レンズがマクロマートレンズを採用し見やすい大口径、視野調整機能付きで結構役に立っていたアイテムです。あかり取りの部分が大きいので明るく見やすいです。







s-DSC09436.jpg

そして今回購入したばかりの拡大鏡
Amazonから本日配達となったLED式拡大鏡、難しい操作は一切なし見たいものの上に置くだけ!
LEDライトを搭載しているので明るく、大きく確認することができます。
そして電池交換の要らない充電式です、スマホの充電ケーブルも使え、AC電源・PCからも充電が可能な便利ものです。

レンズサイズ  69mm
レンズ倍率   約3倍
充電時間    約2時間
連続点灯時間 約10時間(ライトは10分で自動消灯)
重量       160g
入力端子    MicroUSB






s-DSC09438.jpg

本日の新聞から(LED照明無し)







s-DSC09439.jpg

LED照明を使用
撮影する角度の関係でレンズの歪が少し確認できますが真上から見れば凄く見やすいです。
これからこちらに頼ることが多くなることでしょう。


[カメラ] RX-100



共通テーマ:日記・雑感

印材最終仕上げ [書道あれこれ]

本日は午前中から飯島俊城先生宅にて8月28日に行われる、藤岡市書道協会研修会「瓦泥印を作ろう」の印材の最終仕上げをしてきました。
瓦の素材が印材になります、通常の石とは違い彫るまでにはいくつかの準備をします、今回は最終仕上げの行程です。






s-DSC09402.jpg
印材
前もって飯島俊城先生宅にて作っておいたもの、こちらに釉薬を施して乾燥させた後に印面を平らにする作業を行います。1つ1つ丁寧に根気のいる作業になります。







s-DSC09407.jpg
釉薬
釉薬の入ったケースに印材を全て浸します、余分な釉薬をケースの縁で下に落としているところ。







s-DSC09408.jpg
比較
釉薬を施す前の印材と釉薬を塗り終えた印材です、黒っぽくなっているのが塗り終えた物、薄茶色のものが塗る前の印材になります。






s-DSC09411.jpg
磨き作業
釉薬を塗った後の印材は少し乾かします、5~7分位で釉薬は印材の中まで浸透していきます、そこで印材を手に持ち御覧の様にこすりながら磨き作業です。







s-DSC09414.jpg
磨き終えた印材
印材自体に艶が出てきました、こちらの艶の関係は窯で焼く炎の当たり具合でも同じものは出来ないようであります。







s-DSC09417.jpg
印面
艶出しの作業が終えた印材の印面を耐水ペーパーで平らに削ります、この作業では力の入れ加減で印面が曲がったり湾曲になったりと気を使う作業になります、時々印面に小さな石が入っていて作業がストップすることもありました。







s-DSC09420.jpg
印材頭部
こちらの面を手で持ち押印することになります、手づくりらしい表面が瓦泥印の特徴です。
少し凸凹、または均等で無いのがいわゆる味のある印材にも思えます。








s-DSC09424.jpg
完成品を並べたところ
この状態に印面に字を入れ印刀で刻します。

昼食の時間と休憩も入れ6時間もお世話になってしまいました。
奥様手料理のお昼を美味しく頂いて来ました、いつもありがとうございます。ごちそうさまでした。

[カメラ] RX-100







共通テーマ:日記・雑感

栄養バランス満点 [日常]

プルーン系が苦手な私です。
特に干しぶどうは大の苦手ときています、子供の頃給食にぶどうパンが出る日には学校を休みたいくらいでした。






s-DSC09395.jpg
グラノラ
栄養バランスを考えて連れ合いがこれを買ってきました、特に朝食の時に食べています、野菜の上にも合います、もちろんオーソドックスな牛乳をかけてもいけます。こちらは糖質50%カットの比較的新しい商品みたいです。

この中にドライフルーツとして(レーズン・マンゴー・ブルーベリー・ストロベリー・クランベリー)が入っています、何々、レーズン?と、その文字を見るだけで拒否反応を示す位ですが・・・食べてみるかぁ。
あの独特な歯ごたえが気になりますが思ったよりスムーズに食べることができました。栄養バランスも満点だしどうにかですがドライフルーツも口にすることができました。
少しだけ大人になった様な気がしています。(笑)

糖質50%オフとはいえ食べ過ぎは太る原因になります、ほどほどにいきましょう。

[カメラ] RX-100





共通テーマ:日記・雑感

抗菌効果 [日常]

台風の上陸もあり朝から生暖かい風と雨で、散々な一日でした。

こんな日は硯に向かうのが1番、夕方までいっぱい書きあげました。





s-DSC09397.jpg

おみやげのマヌカハニークリームチョコとマヌカブレンドハニー
夕方になって先日からニュージーランドへ行っていた姪がおみやげを持って来宅。
ニュージーランドは先ず先ずの天気でしたが、星座を撮る予定の日が曇りだった為残念ながら、星座撮影は出来なかったようです、何処の国に行っても天候に恵まれるとは限りません、こればっかりは仕方ないことですね。








s-DSC09398.jpg

マヌカブレンドハニー
マヌカハニーとは、ニュージーランドの「マヌカの木」から採れるはちみつです。 マヌカハニーの味は普通のはちみつ同様美味しく、濃いめの琥珀色をしています。有効成分が濃いものは、色も濃くなる傾向があるようです。
はちみつには殺菌・抗菌作用がありますが、マヌカハニーは普通のはちみつよりもかなり強い効果を持っているようです。
抗菌効果があると言われているもの
ピロリ菌
ブドウ球菌
風邪のウイルス
虫歯菌

直接スプーンで食べられます、ただし抗菌作用の関係か、金属製スプーンはよろしくないようで、木製かプラスチック製のスプーンを使うようにといわれました。

初めてのマヌカハニー、これから頂いてみます

[カメラ] RX-100




共通テーマ:日記・雑感