So-net無料ブログ作成
検索選択

伊香保温泉へⅤ [日常]

おもちゃと人形 自動車博物館から





s-DSC06916 (1).jpg
日産 ローレル 1968年 昭和43年







s-DSC06898 (1).jpg
スバル R2 1972年 昭和47年







s-DSC06915 (1).jpg
ホンダ クーペ 1972年 昭和47年







s-DSC06902 (1).jpg
マツダ ポーター 1973年 昭和48年







s-DSC06900 (1).jpg
ダイハツ フェローマックス 1973年 昭和48年







s-DSC06914 (1).jpg
トヨタ マークⅡ GSS 1972年 昭和49年









s-DSC06917 (1).jpg

トヨタ 2000GT 1967年 昭和42年
エンジン
MF10型 1988cc 3M型直列6気筒 DOHC , MF12L型 2253cc 2M-B型直列6気筒 OHC

最高出力
MF10型 150ps/6600rpm , MF12L型 140PS/5800rpm

最大トルク
MF10型 18.0kgf·m/5,000rpm , MF12L型 20.5kg-m/3800rpm





s-DSC06918 (1).jpg
日産 スカイライン GT-R 1971年 昭和46年
日産・R380のエンジン・GR8型をベースに開発された直列6気筒DOHCエンジンを搭載
1969年2月に初代GT-R(PGC10型)が発売されている。







s-DSC06921.jpg
後方







s-DSC06919 (1).jpg

斜め前から
いわゆるハコスカ、私は1番見たかった車がこのスカイラインGT-R(ハコスカ)です
エンジン、外観、どれをとっても申し分ない憧れの名車だと思っています。

[カメラ] RX-100



共通テーマ:日記・雑感

伊香保温泉へⅣ [日常]

おもちゃと人形 自動車博物館から
懐かしい車がいっぱいありましたのでご紹介いたします



s-DSC06928.jpg
日産 ダットサン 1938年 昭和13年 







s-DSC06930 (1).jpg
日野 ルノー 1963年 昭和38年







s-DSC06903.jpg
ダイハツ ミゼット 1963年 昭和38年








s-DSC06910 (1).jpg
日産 ブルーバード 411 1966年 昭和41年








s-DSC06905 (1).jpg
マツダ ファミリア 1966年 昭和41年








s-DSC06899 (1).jpg
ダイハツ フェローピックアップ 1967年 昭和42年








s-DSC06901 (1).jpg

マツダ キャロル 1967年 昭和42年


自動車博物館には何度か見学に行っていますが、何時行っても楽しい所です。年代物の車にしては保存状態がもの凄く良くこれだけに整備されているのは大変珍しいです、展示するまでには整備の時間とかなりのお金もかかっているのではないでしょうか?

今回はフロントのエンブレムを入れての撮影です

おもちゃと人形自動車博物館から

[カメラ] RX-100



共通テーマ:日記・雑感

伊香保温泉へⅢ [日常]

おもちゃと人形  自動車博物館より
カメラ撮影が許可されたものをご紹介いたします





s-DSC06897 (1).jpg
昭和30年代に全盛期だったブリキのおもちゃ





s-DSC06887.jpg
ドリフターズ
荒井 注がメンバーに入っていますので初期のドリフターズ





s-DSC06892 (1).jpg

吉村道明
プロレスミュージアムにはこのようなサイン入りプロマイドも展示されています、プロレスが大好きだった親父の影響で私もテレビ中継をよく観ていたことを思い出します、手に汗握りながらのアッという間の1時間が毎週楽しみでありました


s-DSC06893 (1).jpg
大木金太郎






s-DSC06895 (1).jpg
ジャイアント馬場
なんといっても当時の全日本プロレスを有名にしたのと、社長を兼任しながら現役を貫いたのがこのジャイアント馬場





s-DSC06896 (1).jpg
力道山
相撲界からプロレスラーに転向した元祖プロレスラー! あの空手チョップは今でも忘れることができません

おもちゃと人形 自動車博物館から

[カメラ] RX-100

共通テーマ:日記・雑感

伊香保温泉へⅡ [日常]

伊香保温泉二日目



s-DSC06878.jpg

燈篭
27日の朝ホテルの窓際から撮影、日の出直後で燈篭が赤く染まっていました



s-DSC06880.jpg

数分後




s-DSC06885.jpg

レトロ
帰り際に 伊香保おもちゃと人形自動車博物館 へ寄って来ました
このコーナーは昭和のレトロな雰囲気を再現していました、凄く懐かしさを感じます



s-DSC06890.jpg
看板も当時のまま






s-DSC06891.jpg
すこし埃を被った蓄音機






s-DSC06888.jpg

メグロ
昭和35年製 排気量250cc 単気筒の名車です
一緒の仲間も思わず「懐かしい~!」と見入っていました。

入場券を買って順路に添って先に進むとテディベアの巨大ぬいぐるみがお出迎えをしてくれます、それを横目に通過した後は、ご覧の昭和通りがあり電気店・プロレスミュージアム・当たり屋・駄菓子屋などレトロな雰囲気が盛りだくさんで楽しめる場所です。

伊香保温泉の旅2日目から

[カメラ] RX-100



共通テーマ:日記・雑感

伊香保温泉へ [日常]

地元の仲間との一泊二日の伊香保温泉の旅へ


s-DSC06860 (1).jpg
水沢観音
水沢観音(水沢寺)へ着いたのが午後3時頃、ここは参道までの通路です、地元の果物から野菜・漬物の販売コーナー




s-DSC06861 (1).jpg
群馬の名産物が並んでいます
どれをとっても美味しそうです、何個か買っている仲間もおりました。この場所は昼過ぎになると日陰になる為、お店の人は身体が深々と冷えるようです、結構着込んでお仕事をしておりました





s-DSC06863 (1).jpg
参道
先の少し高い屋根が鐘楼です





s-DSC06866.jpg
十二支の守り本尊
先に見える雪が被った屋根が六角堂、その左に本堂があります





s-DSC06867.jpg
六角堂
屋根のつららにご注意とありました





s-DSC06868.jpg






s-DSC06872.jpg

本堂前から仁王門を見る
急な階段の下には仁王門があります、先日の雪が寒さを増幅しておりました


途中、「かびや」さんで芋串・味噌おでんなどでも食べてからという意見もありましたが、結局は水沢寺参拝後にホテルへチェックインとなりました。冷えた身体を温めるには伊香保温泉のお湯は最高のもてなしであります。


[カメラ] RX-100



共通テーマ:日記・雑感

広芸舟双楫 [本棚から]

1987年12月購入とあります



s-DSC06856.jpg
広芸舟双楫(木耳社)
康有為著
高畑常信訳
康有為の「広芸舟双楫」は唐代以来の”碑学”の立場を否定し、六朝時代の碑文を重視しなければならないを主張した包世臣の「芸舟双楫」の立場を支持し、さらに発展させたものである。
で、始まっています。






s-DSC06857.jpg
このページは孔子廟堂碑の事について書しています
虞世南の孔子廟堂碑は(敬顕儁)・(高湛)・(劉懿)から学んでおり、その運筆と構成がみな同じである。さらに、その源流をきわめるなら(暉福寺)から出ている。・・・。と続いています。




s-DSC06858.jpg
鄧石如行草書(対聯)
芸舟双楫・広芸舟双楫を読み解くと結局はこの鄧石如に行き当たる・・・。とも書いています。
「海は龍の世界為り、天は是れ鶴の家郷」

明清書道図説にもこの作品が掲載されていました 1986年頃

清末から民国初の政治家として書論・書家と活躍した康有為の著「広芸舟双楫」は幅広く書論について探求された貴重な資料でもあります。

時々は開いてみたい「広芸舟双楫」から

[カメラ] RX-100

共通テーマ:日記・雑感

そば岡部 -藤岡市- [つれづれ日記]

午前中は先日の大雪で延期となっていた展示会の理事会の日でした。2月に開催となります、搬入時の役割分担やら飾りつけの注意点やら諸々の議題での話がありました。もう既に何度も経験している役員ですので話はスムーズに行き会議は直ぐに終了となりました

s-DSC06836.jpg

そば岡部
美味しいそばが食べたくなり出かけてきました 
和モダンな外観に白の暖簾はどんなお店だろうかとそそられるところがあります。


s-DSC06837.jpg
お品書き
きょうはカウンターに案内されました、手入れされた中庭が見える素敵な蕎麦屋さんです。
お品書きからBセットランチを注文





s-DSC06839.jpg
突き出し そば豆腐
ワサビとたれとが絶妙に相性が良かったです





s-DSC06845.jpg
そば
蕎麦は2種類から選べます、「田舎蕎麦」か「もり蕎麦」になります、今回はもり蕎麦を注文しました






s-DSC06847.jpg
野菜天ぷら
5種類の野菜天ぷらです、つゆも拘っていて美味しいです





s-DSC06846.jpg






s-DSC06848.jpg






s-DSC06850.jpg
そば湯





s-DSC06851.jpg
デザート
マンゴープリン
本日のお会計は税込み 1,080円





s-DSC06853.jpg
会計を済ませて玄関周りを撮影
水の打たれた通路と緑色に見えるのは手入れされた苔です、いい雰囲気でした。





s-DSC06854.jpg

きょうも美味しく頂きました、今回で5回目ぐらいになります そば岡部 のご紹介でした。
店の奥には個室がありとても雰囲気がいいのでご予約されて出かけてみては如何でしょうか

[カメラ] RX-100



共通テーマ:日記・雑感

鈐印(押印)する際に・・・ [書道あれこれ]

愛用印などを印箋へ押印する際に綺麗な印影を得るために紙の表面を滑らかな物で擦ります
優れ物を2種ご紹介させていただきます

s-DSC06835.jpg

マッコウクジラの歯
高さ6㎝×横2.5㎝

s-DSC06833.jpg

こちらの面を紙の上に当て円を描くように擦ります。擦られる面が綺麗に表面仕上げしてないと結局紙を傷つける事にもなります。小さな印から大きな印まで対応できる優れものツールです。
友人の飯島俊城氏から頂いたものです




s-DSC06819.jpg

蛤(ハマグリ)
透明なアクリル製の容器に入ったものを頂きました


s-DSC06821.jpg

容器から取り出した蛤
高さ1.8㎝×横(最大)7㎝
こちらも頂き物で今では形見の品となってしまいました。
大切に使用させて頂いております。製作者は今は亡き(澤井英輔様)で篆刻にて交流があった際に頂いたものです。

澤井様からは製作にあたっての資料などと蛤を一緒に頂戴しています。資料のほんの一部をご紹介します。
※素材の選定
  ①蛤はなるべく肉厚なものを選ぶ
  ②大きさは自分で使いやすいもの
  ③表面が滑らかな物
  ④傷の無いもの
  ⑤色艶よく健康なもの(美味しそうなもの)
           
他色々と記されておりました、
紙やすりでの研磨順序では320番から400番程度で
仕上げ順序は耐水800番~?番~?番へ順次精密に仕上げをする。

澤井様のご承諾は今となっては戴けませんのでホンの一部だけの記載となります。
この蛤を使うたびに当時、色々なことに熱心だった澤井様の事が思いだされます。心よりご冥福をお祈り申し上げます。

押印時の優れものから

[カメラ] RX-100



共通テーマ:日記・雑感

玄関にて [日常]

玄関先でいつも仲睦まじい・・・。




s-DSC06756.jpg

赤鬼・青鬼の(夫婦鬼)
我が家の玄関先には魔よけの仲良い赤鬼と青鬼の夫婦鬼が鎮座しています。これは以前「鬼押し出し園」へ旅行に行った際に購入したものです。
「可愛いし魔よけになります」、の言葉に誘われ買ったような感じでしたが、とても愛嬌のある顔で皆さんから「私も欲しい」と評判がいい赤鬼・青鬼さんです。
このお店、その他には花瓶、一輪挿し、湯飲み、マグカップなどの一般的なものも扱っています。

s-DSC06759.jpg

後ろ側から
仲良く寄り添っています、


鬼押し出し園
訪れてみると浅間山の噴火で噴出した溶岩、その奥に雄大な姿で佇む浅間山など、とても見どころいっぱいの自然公園です。

鬼押し出し園の溶岩
1783年(天明3年)の浅間山の大噴火は大変有名な話です。その際に流れ出た溶岩が、冷えて固まったもので、真っ黒く、ゴツゴツしており、噴火の規模の大きさを物語っています。「鬼押出し」の由来は明らかでは無いようですが、元来鬼が棲むと呼ばれた浅間山から流れ出る溶岩流の姿から、鬼が押し出しているようだと名付けられた説が有力のようです。

http://www.princehotels.co.jp/amuse/onioshidashi/

我が家の可愛い魔よけより

[カメラ] RX-100



共通テーマ:日記・雑感

チャーシューが・・・。 [つれづれ日記]

藤岡市の老舗ラーメン店




s-DSC06805.jpg

宮口軒(外看板)
藤岡市では結構有名なお店でマスコミなどでもよく取り上げられています。 

s-DSC06804.jpg
お店
外から撮影。普通の民家風で1階がお店になります、車いすでもお店に入れるようスロープも設けてあります。





s-DSC06800 (1).jpg
店内
お品書き、なんといってもこの色合いはかなりのものです。これがまた老舗の所以かもしれませんね!





s-DSC06801.jpg
純手打ち野菜ラーメン
キャベツ・ニンジン・ピーマン・もやし・玉ねぎ・ほうれん草・キュウリ・ねぎにワカメが入っています。麵は手打ちにてとっても腰があります。スープは薄味で最後まで全部戴いても大丈夫です。レンゲは言わないと出してくれません、どんぶりを傾けてそのままスープを頂いてきました。
あれ!野菜ラーメンなのにチャーシューが載っています・・・。





s-DSC06812.jpg
スマホ
只今2016.1.31日まで宮口軒のホームページからこのページを提示するだけでチャーシューを2枚増量して下さいます、ラッキーでした。チャーシューも拘っていてかなりお勧めで美味しかったです。

久々に出かけた老舗ラーメン店でした

[カメラ] RX-100

共通テーマ:日記・雑感